8月15日 戦後70年を迎えます。

今日で戦後70年を迎えます。戦争体験者が次第に少なくなりました。無限庵庭園の茶室[静清庵]も東京で唯一戦火を逃れ焼け残った茶室です。浅野侯爵の江戸屋敷にあった茶室が戦後寿泉堂中川清寿氏の所有となっていました。東京美術倶楽部は昭和18年海軍に接収されました。戦後返還されて茶室が切望されました。中川清寿氏が茶室を寄贈し昭和23年円覚寺朝比奈宗源老師が中川清寿氏の一字を入れ静清庵と命名されました。これを機に戦後の茶道の復興が始まりました。平成元年再び東京美術倶楽部の建て替えの際無限庵に移築されました。戦前戦後、また平成へと時代の流れに翻弄されながらも保存された茶室を次の時代まで伝えて行くことに身が引き締まる思いです。

あわせて読みたい