12月14日 赤穂浪士討ち入

今日は赤穂浪士討ち入りの日です。無限庵庭園に平成元年東京美術倶楽部から移築された茶室、静清庵は赤穂、浅野家の本家となる広島安芸の浅野家の茶室と伝えられています。浅野家に仕えた上田宗箇は織部の茶風に傾倒した茶人としても有名で上田流では織部の三畳台目相伴席付きの間取りを尊重してきました。静清庵の内部も三畳台目下座床で点前座の後ろに三角の鱗板が入れてあります。例年ならば雪降る中にたたずんでいるはずですが今年は北陸にしては珍しい青空の中討ち入りの日を回想しています。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です